厚木市を拠点に海外へ伸びるYUZENKAI KARATEDO

厚木市空手道場(剛柔流空手・琉球古武道)勇善会勇善会 空手道場
剛柔流国際空手道古武道連合
International Karatedo Kobudo Union
2022/8/1 スケジュール9月分まで更新
連絡先19motoomosoraoot81@gmail.com
又はyuzenkai@ab.auone-net.jp
または代表者携帯09029146727。
練習場所と日程はスケジュールscheduleページ。 




費用:年会費3000円(施設使用料)、月謝2000円(小1以下は1000円)→2022諸経費規定
稽古日:土曜日19:00〜21:00(厚木市東町スポーツセンター東口歩5分)。他に各自の都合に応じて火、水、木から設定する平日練習日(17:00〜18:00(19:00)厚木南公民館:南口歩5分)で個別指導(希望制)。





.空手は理想的な全身運動であり生涯武道です。海外で人気の剛柔流空手道・琉球古武道を練習しませんか。
 館長 尾本一則

1958生。元神奈川県立高校教員。同時に剛柔流勇善会館長として活動し、剛柔流空手および琉球古武道を海外12カ国へ指導・普及(IT、現地指導、来日研修)してきた。定年後、座間総合高校空手道部師範。
平成25年8月 オーストリア研修生指導
平成26年8月 スリランカ空手道選手権大会会長、同国にて指導者研修会実施
平成27年5月 スウェーデン研修生指導
 同 11月 スペイン研修生指導
平成28年8月 スウェーデンにて指導者研修会
平成30年11月 中華人民共和国研修生指導
平成31年5月 スウェーデン研修生指導
令和3年8月スリランカ空手道選手権会長(延期)



世界勇善会ホームページへ

ニュース&トピックスtopics
新着ニュース
2022.5.3
座間総合高校空手部と組手競技、型競技の合同練習をしました。
フォトギャラリーinformation




(この高校生はこのあと相模原市民大会で形優勝、組手準優勝)

2022年5月19日
イラン勇善会

 イランは中東で一番空手が盛んです。
2022年3月12日 
スリランカ支部の新道場竣工。

スリランカ支部のページ

2022/2/4
中国勇善会の支部がひとつ増えました。
撫順(フーシン)市。

中国支部のページ

2022/1/19
スウェーデン支部再開しました

スウェーデン支部のページ

2022/1/201
 スペイン支部長ヨセプ師範、柔術全国大会で三階級制覇!剛柔流の「柔」極まる!


2021年12月18日スペイン全国柔術選手権でヨセプ師範は3つの金メダルを獲得した。(道着有りの部、道着無しの部、無差別)
 師範は厚木本部で研修を受けて以降、剛柔流空手の五技(打拳、投げ、絞め、固め、関節)の連携を研究してきた。空手家が柔術大会で金メダルをとる快挙。
→スペイン支部のページ
教材演武 宇都指導員 2021.12.18
周氏の棍初段 画像をクリック


勇善会(厚木本部)について
@町道場です

 社会体育として活動しています。公共施設(東町スポーツセンター、南公民館、相川公民館、愛甲公民館当)を利用するため月謝は低廉にできます。

A空手用品の経費 
 
空手用品にはいろいろなグレードがあります。初心者向きとしては空手着が6000円前後、拳と足につけるサポーターは4000円前後、面や胴もじきに必要ですが10000円程度からあり、ネットで購入できます。

B伝統空手です
フルコンタクトやキックスタイルの空手ではありません。沖縄以来の伝統を重視する剛柔流空手です。
 
 

 
 

C初段(黒帯)までの期間 
 基本的にひと月に平日5回、土曜4回の稽古を設定します。週二回の稽古で平均3年〜5年です。



Dいつから始められるか? 
 幼稚園・保育園で集団生活をしていることが目安です。まず1〜2度体験してから判断されてください。大人は社会人としての立場や責任を考慮した稽古をします。 


Eコロナウィルス対応 
 
県教育委員会の指針に基づいて検温、90分以内の練習、休憩ごとの手指消毒と水分補給、マスク着用、換気と間隔の保持、組手練習の制限を徹底しています。

  ※2019夏の合宿。高校生から小学生までが一緒に合宿し交流大会も行う有意義な行事でしたがコロナにより中止しています。コロナの沈静化を願ってやみません。

  第23回少年少女空手道交流大会
 1993年から続いてきた伊勢原市、厚木市、相模原市、座間市、大和市など県央地区から集った青少年空手道交流会。以下はコロナ以前の2019年12月の記録で、優勝者名のみ(学齢は当時)。2022年度について実施未定です。
○形の部優勝…山口絢聖(幼)、倉林颯人(小3)、鈴木ひかる(小4)、橋琉莉(小6)、酒井陸翔(中学)
○タッチ組手の部優勝…麻生璃音(幼児)、倉林颯人(小3)

○中段組手の部優勝…倉林颯人(小3)、鈴木ひかる(小4)、岩沢拓実(小5)、千々波侑太・作田愛結瑠(中学)
○自由組手の部優勝…鈴木ひかる・高嶺咲夏(小4)、岩沢拓実 (小5)、橋琉莉(小6)、千々波侑太(中学)
〇模範演武。空手武器(沖縄古武道)の型とその分解組棒、試し割りなど指導者による充実した演武を毎回行っています。


世界へ伸びゆく勇善会

スペイン 
 寄稿 日本の伝統をスペインへ
 次の手紙はヨセプ・カラモンテ師範のからのものです。彼は国際松濤館や極真(松井派)で長年稽古し中国で空手を指導していた人で、勇善会で稽古したあと沖縄へ行き修行を続けました。現在スペイン勇善会の支部長です。


「今回の日本への旅行は大発見の旅でした。私が今まで経験した空手はキックとパンチが全てでした。しかし剛柔流空手はキックとパンチが全てではありません。もちろんキックやパンチは重要な役割を果たしますが、剛柔流五技とよばれる5つの技のカテゴリー全体が重要性を共有しています。そのことは素敵な驚きで、私の空手に対する見方を大きく変えました。
 私は厚木の後、沖縄へ行き、そこの剛柔流道場でもトレーニングを受けましたが、そこでの稽古のポイントと厚木での稽古のポイントは同じでした。
 私は帰国して、尾本先生からいただいた教材を見ました。そして、その中に先生が教えてくれたセーパイの分解の教材を見つけ、私が学んだことが正確に記録されていることに気づきました。これらの教材を元に、私は、先生が与えてくれたレッスンを母国で再現することができます。私は、私のパートナーと学生とそれに取り組みはじめることにします。先生は私の未来に対して新しい窓を開いてくれました。
 しかし私の厚木訪問の最大の収穫は、そこで私が出会ったすてきな人々だと言えるでしょう。私と稽古や夕食を共にしてくれた指導者のみなさん、少年部のみなさんに本当に感謝しています。みなさんと出会えたことが本当にうれしいです。いま私がすべき最善のことは、先生の教えに基づいて練習することです。そして、先生から得たものを、できる限り多くの人々と共有することです。先生の親切とすばらしい教えに大変感謝しています。」

★中国勇善会黄海師範来日(2018.11) 

中国全土に展開する中国勇善会



スタッフ 氏名 2022現在
名誉会長 長沼善秋 
館長 尾本一則
師範 古賀政司 上瀧雄介    
師範代 下瀬佳治 宇野圭介
指導員 宇都明久、浅岡孝之、照井竜也、
本杉慎司、野村幸那、上瀧暖大
 指導助手(先輩)  鈴木ひかる


入会申込書はここをクリックするとダウンロードできます。
見学の際にもお渡しできます。

道場見学・体験希望はお気軽にどうぞ。
→稽古日程はこちら
スケジュール

copyright©2021 YUZENKAI KARATEDO all rights reserved.