厚木市 勇善会 空手道 スポーツ少年団
勇善会

関係の空手記事 HOMEadmission

 国際ホームページで公開した記事を元に適宜掲載しています。

2023.12.27
 勇善会の祖の一人加藤勇師範(1941-2023)を悼む。
 勇善会の「勇」は加藤勇師範の、善は長沼善秋師範の名に由来する。
 加藤勇師範は1941年東京生れ。法政大学卒。高校生の時、泉川寛喜範士(※)に入門し沖縄伝剛柔流を修業した。(※那覇出身。戦後沖縄剛柔流筆頭の比嘉世幸氏の一番弟子)
 

 勇師範は全空連大会のまだ無い時代、日本空手道連合会日本大会の第1回で型優勝。以後同2〜5回大会にて型・組手で準優勝・3位・優秀選手賞に輝いた。




 当時は安全具の存在しない素手素面の時代で、投げや崩しの許容範囲も広く各流派の特色を活かした組手を競技でできた時代だった。
 勇師範は基本、型、分解、組手、実戦、武器が連携した空手を稽古し「型の技は実戦でも競技でも使えなくては意味がない」とし実際に試合で使うことができた。また後輩をそう指導した。
 空手が実戦目的であった最後の昭和世代であり、治安の悪い東京下町で暴力から人助けをして警察から表彰されたこともある。


 勇師範は日本刀との戦いも想定した棒・ヌンチャク・サイ・トンファー・鎌など武器の研究にも熱心だった。
享年82。合掌




2023.5.26
 簡単な空手の歴史
 空手は中国拳法の強い影響のもと沖縄(琉球国)で生れた琉球武術です。19世紀まではたんに「手」(てぃー)とか「唐手(とうでぃー)」いいました。琉球国時代、国王や中国使節団の儀式で型を演武できることは沖縄武士として重要な教養でした。空手の型の様式はそれによって洗練されてきました。そのころは流派はなく「〇〇師匠の手」という集まりがあるのみでした。各師匠たちの教えた型には地域的な違い(首里の手、那覇の手、泊の手)があり特に那覇手と首里手は大きく違います。
 明治時代、1905年に沖縄県学務課が「唐手」(からて)と正式に名称を定め沖縄の学校で体育として教え始めました。
 空手が本土へ伝わったのは大正時代です。唐手という中国風の呼び方は戦前の日本では歓迎されず、また柔道や剣道と並ぶ日本の武道とするため、沖縄県学務課は1936年に「空手」と字を変更しました。
 本土では沖縄から来た個々の師匠のもとに集まった人々が集団となり流派を名乗り始めました。本土で作られた流派名として松濤館(しょうとうかん)流・和道流・糸東(しとう)流があります。 沖縄で作られた流派名として剛柔流・上地(うえち)流・小林流(松林流、少林流)があります。
 近年はさらに細かな会派や団体に分かれ、また新しい流派が作り出され、あるいは沖縄にルーツを持たない空手、キックボクシング等から生まれたカラテも現われ空手は多様化しています。

型の名称
 空手についての文字記録はほとんどありません。そのため型の名称は判然としないことが多く、たとえばセイエンチンという型は遠い間合いの敵を鎮める「征遠鎮」、敵を引き寄せて戦う「制引戦」などいろいろな書き方が口伝えとしてあります。
 基本的には今でもカタカナ書きが主流ですが、近年、源流である中国拳法と空手の歴史研究、基本や型の比較研究が進んで剛柔流と中国の白鶴拳や羅漢拳などとの関係性が指摘されています。
 型セイエンチンは中国の鷹拳系統の「青鷹戦」とする説などあります。そうした研究は型を打つ(鍛える)ときや分解を研究するときの参考になります。
(図は剛柔流一門に伝わる沖縄伝「武備志」。型の解釈や成り立ちを研究する際に不可欠な史料です。)




2019.8.2 巻き藁(まきわら)

勇善会 これは「まきわら」という空手の代表的な練習用具のひとつです。これで正拳や手刀をはじめ、手足の各部位を鍛えます。上へいくほど薄くなるヒノキの柱でできており、先端には皮がまいてあります。そこを突きます。




 まきわらはたいへん弾力性があります。
鍛錬では正拳突きをしたらすぐ拳を引くという動作はせず、突いた瞬間、肩と甲骨の動きで拳をさらに押し込みます。そして、手がまきわらの弾力でハネかえってくるのを自然にひき手します。下の写真を見てください。
また写真をクリックすると打ち込んでいる動画がみられます。



勇善会
















 空手の突きは、当たった瞬間と、押し込んだ瞬間の二つの衝撃のピークがあります。
中段を突くときは背骨を折るつもりで、上段を突くときは後頭部へ正拳が突き抜けるつもりで、と昔から言われています。


 空手の突きとボクシングのパンチは違うタイプの突きです。空手の突きは突きの衝撃を身体の奥まで押し込む突きです。だから、まきわらで鍛えた拳や手と全身の動きは板、カワラ、石、ブロック、レンガなど固い物を破壊する威力を持つわけです。
 巻き藁を突くと、空手の突きが、力が足もとから背筋を通って肩を経由する全身運動だということが理解できます。空手は巻き藁で拳や手刀を鍛えるのが本当だと思います。

2017.2.19 昔ながらの稽古法
 
空手伝統の練習方法のひとつ「掛け手」。下の画像をクリックしてください。
勇善会

.
 この写真は、相手の右中段逆突きを左内受けで受けると同時に右引き受けで袖を引っぱり相手の勢いを前方へ崩し、間髪を入れず相手の右腕を左回し受けして体のバランスを後方へ崩し、ガラ空きになった体に中段突きを入れるという、相手の重心をコントロールする訓練で、引き受け・裏受け・回し受けという剛柔流特有の受け技の感覚を体得する練習です。
 これによって相手の体のバランスを崩して相手を投げたり倒したりするコツを会得します。
 円運動は空手の原理です。