gojuryu internatinaol karatedo kobudo union yuzenkai japan
About us  last update 11 Oct. 2020.. HOME
   Gojuryu Karate(karate-justu Nahate:唐手術那覇手) which was born in Okinawa had been completed in the chaotic times after World War II. Karate, especially Gojuryu Karate in this time was not the sports but "the weapon".
Not little Karate-ka were "fighting machine"for conflict in lawlessness.Mas Oyama (1923~1994) appeared in this period.
The decipherment of the code in KATA advanced rapidly at this time.As a corollary, the nagative image of Karate remained in Japanese society until about 1970's.

 The public order in Japan was bad until the 1960s .Youth learned Karate as self-defense or the tool for street fight.The protective gear did not exist.Bare hands kumite was full of the danger . I am the last generation to study in the brutal atmospheres. 

 Karate become the official event of Japanese National Sports Festival in 1982. The situation of Karate rapidly changed completely and recognized as national sports .The protective gear was invented, and the rule was standardized with making trial and error.In dojo, children and the women came to be seen.And the exercise in dojo changed into the sports game type Karate.At that time, in kumite game, tsuki was emphasized, and jodan Keri was downplayed.
Having said that, Karate did not give up the style completely protect vital points Kinteki,etc. and defeat the enemy with one blow.It was completely different from the kumite game which emphasize the jodan keri as the main technique that developed in Europe.
But still this change took the essence as martial arts from karate. Kata became the performance.Strange movement came to be seen in Kata such as acrobat. Kumite became the touch game that compete in touch speed.The need to strengthen the fist disappeared. Wonder judgment influenced by sect , ryu, career and politic increased.

 Nowaday ,WKF-sport Karate (which JKF propelled )had totally changed Japanese traditional Karate into the different Karate came from Europe.
Revising competition rule and KATA year in and year out bring us( traditional Karate-Ka) the large conflict.Kata has been simplified and degraded so that it can be performed without the training of sanchin and tensyo. Also, the number of techniques that Kata has has been greatly reduced.For example, Sepai, based on sanchin and tensyo, has now violated the rules.The sepai I learned is different from the sepai you learn now.Simplifying the movement means that the technique is lost.Everything is a sacrifice for participating in the Olympics.Please think about which is the true Karate.

On February 22, 2019, it was determined that Karate will be removed from Olympic sports in 2024 Paris Olympics. In the future does the Japanese Karateka still continue the European-style Karate?


Originaly, Gojuryu Kumite admits the joint technique,the throwing,the constriction technique and the grappling technique. "kakete(掛け手)" is one of the basic exercises for such gojuryu kumite."kakete" has various ways depending on several purpose. kakete uploaded here is one of the example in Yuzenkai dojo .


 
昭和初期に沖縄から本土へ伝わった唐手術那覇手(1930年に剛柔流空手と命名)が、皮肉ないいかたですが最も威力を振るったのは敗戦直後の混乱期でした。反社会集団や民族抗争の"武器"として用いられたことで世間には空手に対するネガティブなイメージがすっかり定着しました。その後1970年代頃まで一般に空手道場は護身術を教わる場で、入門者のニーズもそこにあり、型も実戦を意識して練習されました。昭和はまだそういうニーズがあったのです。ある意味、基本と型と組手と実戦のかい離がなかった時代でした。だから道場に女・子供の姿は皆無でした。

(当時の私Me in 1974と長沼師範Kaicho Naganuma in 1976)

 1982年、空手が国民体育大会の正式種目になりました。空手は急速に国民的スポーツとして認知され、防具が開発され、公式戦の組織化も進み、剣道を手本に寸止めルールの整備が進みました。技は突きと蹴りに限定され剛柔流の特徴である"柔技"は禁じ手になりました。まだ武術としてのこだわりは残り、金的や脇をしっかりしめて構え、金的のあく高い蹴り、すり足を否定するフットワークは戒められ、そのような"空手らしくない組手"をしても審判はポイントを与えませんでした。型試合も三戦と転掌を練らなくてはできない演武が正当に評価され、たとえはセーパイにしても実に剛柔流らしい風格ある演武が正当に評価される時代でした。今日はセーパイの形骸化は著しく、難しい動作は簡略化され、三戦を練らなくても演武ができるよう(つまり他流の者でもビデオ等で簡便に学べるよう)に改編されました。ムチミを使う、サンチンやチンクチをシメる、それらの動作に伴って呼吸が出るという動作は失格とされ、多くの技が失伝しました。型は競技会で得点を競うだけの種目となりました。
  左は拳や筋骨を鍛える空手の伝統的な道具の巻き藁ですが、これも多くの道場で消えました。昭和60年頃まではサポータも安全具も存在しない素手素面の時代でしたが、当たったら大けがという恐怖が本気の受け技を会得させました。今のスポーツ空手の受け技は受けに使えません。
 ヨーロッパ空手は全く異なっていました。金的攻撃などルール違反なのだから防御など気を遣う必要はない。拳を鍛えるなど寸止めポイントゲームにはまったく無用。リラックスした腰高の姿勢からダンスのように軽快なフットワークを使ってテコンドー式の高い蹴りを出したり緩い握りで素早く突きを連発するタッチ組手が主流となり、それを国際規格へと押し出していきました。日本が空手の国際化のイニシアチブをとれなかったのはフランス空手界のエゴイズムと日本人空手家の語学力の弱さに起因します。まことに残念です。
  2004年、日本の空手はヨーロッパカラテのルールに統合されることになりました。その結果、組手はスピード最優先のタッチ突き、タッチ蹴り、タッチ受けの応酬になり、道場ではヒップホップのようなステップの練習に終始する光景が普通になりました。日本の空手は2004年以前と以後とで全く別のものになってしまったと言えます。こうした激変について沖縄出身の著名な空手研究者である金城裕氏(1919-2013)は「あまりにも失ったものが大きかった」と嘆きました。
 型[形]はパフオーマンス合戦となり、歌舞伎を参考していると公言する選手すらいます。異様な目つき、怒鳴るような気合、足音を強調する運歩、ぴょんぴょん跳ねるフットワークはまるで20世紀のカンフー映画のようです。気合は本来自然の呼吸に沿ったもので、演武のために力むものではありません。武道の足さばきは基本的にすり足です。
 
 以上ような犠牲を払って東京オリンピック2020の空手競技が実現したしだいですが、2019年2月22日、2024年のパリ・オリンピックでは空手を種目から外すことが決定しました。フランスはヨーロッパの空手の中心地ですが、そこで行われるオリンピックで競技から外れるたことは、空手が東京オリンピック限りのイベントになってしまったことを意味します。日本の空手はこれからもヨーロッパ式カラテに迎合し続けるのでしょうか?
 勇善会でも子供は稽古のひとつとしてタッチ組手は取組みますが、本質的には流派の理論どおりの戦い方の継承を主眼とします。

 流派とは固有の戦闘理論と思想、それを実現する技と稽古の体系です。
交流大会はそうした固有性を捨てた「公約数」の中で行われるため流派の特色は排除します。(2004年以前においても日本の空手競技は日本生まれの松濤館流がイニシアチブをとってきたため組手も型も松濤館的にやらないと得点がとれない構造を持っていました。)

Let’s get back on track.Today, Karate is the popular sport all over the world.Also I had coached the JKF method as the high school Karate instructor.Under my supervision, some students had achieved mastery, victory and numerous prizes in the cahmpionship. Some of them had become excellent Karate instructors.
But I also think that my mission is to hand the ultimate Goju-ryuin down to the future generation.

The achievement of the essence of Gojuryu is impossible in the game by JKF-WKF rule. Jiyu-Kumite that admits contact,joint technique,throwing,constriction techniques and grappling technique are necessary . Particularly, "Mawashi-Uke" attack to a neck is the important battle method of Gojuryu.

  顔面や下段への攻撃あり、衣のつかみあり、関節・投げ・絞め・固めありの剛柔流本来の組手。そのような特徴が生きる競技組手の探求は喫緊の課題です。打撃で相手の勢いが止まったら技あり。投げ、倒し、関節技が「技のかかり」状態になった瞬間に技あり。頭部頸椎を回し受け態勢で抑えたら瞬間に一本(勝ち)。スリップであるかいなかにかかわらず足の裏以外の身体がマットに着いたら相手に技あり。(紛争地域の支部長から、戦場での転倒は死を意味するという助言に基づくもの。だから自ら転倒しながら出す蹴り、倒れたら審判が試合を止めてくれることを前提とする技は使用不可) この競技法によってのみ完璧ではありませんが、型と基本と組手が関連する剛柔流の体系になると考えています。
gojuryu internatinaol karatedo kobudo union yuzenkai japangojuryu internatinaol karatedo kobudo union yuzenkai japangojuryu internatinaol karatedo kobudo union yuzenkai japan



 近年興味深いのが世界的なスポーツとなった空手競技以前への回帰ブームがとくにヨーロッパで起きていることです。空手の武器に位置づけられる琉球古武道のブームもその一面です。外国人は空手には素手の術と武器の術の二部門があると理解しています。そして競技空手から入って、あるレベルに達した外国人は、前述の金城氏の「あまりにも失ったもの」に関心を抱き、基本と型と組手が有機的につながる空手や武器術を探求し始めています。


 外国人はリアルな場面で古式の技が使えるか否かを評価し素直に表情に出します。古式の武器を練習することが警官としての私の日常にどういう意義があるのか、薬中毒で暴れる女性被疑者に絶対にケガをさせないように制圧するにはどうしたらよいのかなど普通に質問してきます。単なる権威や血統ではなく、彼らに実証してみせる姿勢が不可欠です。


It is only a mere stick dance if kata of Bo is not trained as kumi-Bo(Bo-kumite).
棒術は空手家必須の武器術です。もちろん空手の型と同様、分解され組棒として稽古されなくては単なる棒踊りになってしまうしょう。 
釵やトンファの伝統型の分解による組棒の攻防
Kumi-Bo from Bunkai of traditinal Kobudo Kata
My earliest Dojo was established in 1984 .

 1984年の道場。当時は極真空手全盛期。フルコンタクト空手の大会にも出たがる生徒達の姿勢を否定せず、その機会を与えるべく東奔西走しました。結果としてそれは勇善会の剛柔流に大きな影響を与えました。 
 
 
どもの試し割り。試し割りもまた実戦です。試し割りによって正しい握り方、フォームを会得します。型もうまくなります。

  Sensei, Sizuaki Futamata
(1931~:Shihan of Okinawa Matayoshi-kobudo,Kancho of Shynbukan),the comrade my
respect


 80代にしてかくしゃくと世界各地を巡って沖縄又吉古武道を指導し、時には海外の古武道大会に現役で出場される真武館館長二又静明先生。先生の励ましがなかったら勇善会の海外進出はなかったといえます。外国人相手の経験談、彼らを指導する際の注意点やこつなどご指導くださった恩人です。


About the name and logo of YUZENKAI
「勇善会」という名称は、実戦で技を検証した最後の世代といえる二人の恩師の名前(長沼「善」秋氏と加藤「勇」氏)に由来し、長沼氏ご自身の命名した名称です。 剛柔流の型が打拳・投げ・関節・締め・固めの5つの構成要素からなることを重視し、これらを剛柔流五技としてカリキュラム化し、大切に後世に伝えようと考えています。
 ただし小中学生の組手は伝統的な基礎・基本を重視しつつスポーツ空手として稽古します。

"Testicle (kintaki) attack is not a foul.  The stance is more like Sanchin-dachi in that situation and how to set up the hand is more like Tensho.  Free kumite conditionally enables the combat-style of ancient Goju-ryu to be reproduced with technical improvements for modern karate.  

YUZENKAI executes kids Karate classroom free of charge.Karate is the best fullbody motion that supports a strong spirit and the body. The education is a most immediate priority in any country. 

YUZENKAI has two logo. The culture, the religion, and the custom, etc. are different according to each country. YUZENKAI member in each country can select appropriate .
 国際的に勇善会は2種のロゴを用意しています。これは世界各地域の文化的多様性(形や色の禁忌等)に対応するためです。
道着用のエンブレム。戦国時代の中でも際立って哲学的な武将だった上杉謙信の軍旗二種を組み合わせてデザインした。中央の文字は謙信の戦闘旗「懸り乱れ龍」の書体。剛柔流空手は多くの中国武術と同様に象形拳、つまり龍・鶴・鷹・虎・獅子・蛇等の動作が型に表象しており、龍を中央に配したこのデザインは剛柔流にふさわしい。紺地に日の丸の旗は謙信が第106代天皇の正親町天皇から下賜されたもので、赤い円は日本を、紺色は信義と清廉を表す。
This emblem is derived from the combat flag of Kenshin Uesugi ,famouse warlord in the age of civil wars in Japan,16century.It means "Fight bravely".The Kanji of center is Kenshin's original cursive script of Ryu(龍:dragon).
KATA of Gojury are derived from a images of dragon, crane, tiger, hawk,and so on. For instance, Sepai and Kururunfa are dragon Kata. Saifa and Kakufa are crane Kata.Seienchin is hawk Kata. I think the character of this "Ryu" is suitable for Yuzenkai Gojuryu. Dragon is existence of fictitious. But it is "symbol of transcendent strength" in the Japanese culture.

(
phote;The KENSHIN Festival held in August every year in the Niigata Prefecture Japan)

The avove flags, navy blue and red circle, is
the flags Ougimachi-Tenno(1517-1593) gave Kenshin. The red circle means Japan, and the navy blue means justice and sincerity.Kenshin was religious Samurai. He never did an unfair act. He always not fought for his personal greed but fought for the justice of god .

This logo originates from oriental philosophy that Goju-ryu based on.  Five colors – blue, red, yellow, white, black - mean five elements compose the world. The diamond means four directions – north, south, east and west. This design originates in the family crest of Shingen Takeda (1521-1573),the warlord in the age of civil wars in Japan.
"YU" and "ZEN" are from names of my two masters, and they mean “courage” and “goodness”. KAI" means “Society” in Japanese
戦国時代最大の機動力を誇った武田信玄の「武田菱」を中央に配し、青・赤・黄・白・黒の五色(東洋哲学で世界を構成する五元素の色)で構成した。四つの菱形の集合は東西南北の世界の和合を象徴する。
introdaction video clips
gojuryu internatinaol karatedo kobudo union yuzenkai japan gojuryu internatinaol karatedo kobudo union yuzenkai japan 13/1/2013
Shihan-dai. Uno Keisuke who is Kancho OMOTO's students won the full contact kumite in the “forties” class of All Japan Budo-Karate Championship held at TOKYO.




gojuryu internatinaol karatedo kobudo union yuzenkai japan 16/9/2012
I participated in the festival of combative sports held at Niigata prefcture and exchanged with the professional wrestling.Then I am 54 years old. I always thinks that if a person want to be a true Gojuryu Karate-ka, he should learn from even the professional wrestling.

For Goju-ryu,the techniques are practiced not only at the Dojo.Gojuryu which knows only Dojo isn't valid to the professional of the fight.The posture to have learning from them humbly is sometimes important for us.
Karate and Budo are means. The purpose is a spirit of Bushido. Budo is "Way of life. "









But I'm afraid in the private affairs,my father's side ancestor, Morokage Omoto,was an immediate vassal of Kamakura-Shogunate in 13century.
Afterwards, his clan was provincial samurai family that involved with Muromachi-Shogunate at Oumi near Kyoto until 16th century.
By the defeat of the war of Sekigahara(1600), that divided Japan into the east and west, his clan was became a village headman of the feudal clan of the chief vassal of Tokugawa shogunate until the Meiji Restoration in 1868.
On the other hand,my mother's grandfather,Naonobu Sugiyama,
fought the Meiji imperial army to protect the Tokugawa shogunate at Odawara on May 19, 1868.
The imperial army was 2,700 soldiers, but his side was only 273 soldiers.His gallantry is my pride.(The picture is the Odawara castle in Kanagawa prefecture.)
His swords are my heirloom.These were made 300 years ago, but they do not louse sharpness by accurate care from generation to generation. Real Japanese sword is full of severe brightness and integrity.I think my life must be like them.
 ページのトップに戻る returns at the page top
yuzenkai@ab.auone-net.jp
19motoomosoraoot81@gmail.com