gojuryu internatinaol karatedo kobudo union yuzenkai japan
剛柔流国際空手道古武道連合勇善会本部 厚木空手道場
勇善会空手道スポーツ少年団(神奈川県厚木市) 
スマホ用のホームページはこちら
GIKKU剛柔流国際空手道古武道連勇善会本部のPCページはこちら勇善会空手厚木



1.道場に入るとき、出るときは必ず礼をしましょう。練習に来たときは「お願します」または「こんばんは」と声を出しましょう。帰宅するときは「ありがとうございました」と声を出しましょう。

2.練習が始まった後に来た人は、加わる前に必ず先生に「お願いします」とあいさつをしてから練習に参加しましょう。

3.仕事のつごうで後からいらっしゃる先生もいます。その場合は、休けい時間に先生のところへ行き、閉足立ち(へいそくだち)で「お願いします」とあいさつをしましょう。

4.道場は遊び場ではありません。自分の心と体をきたえる場所です。

5.努力しましょう。

更新日 平成29年4月21日
毎週土曜 19:00~21:00
場所:厚木市愛甲公民館・厚木高校武道館
練習予定:会員用の掲示板またはスマホページを参照
費用:教育振興費(年額1500円)のみ徴収。入会金・月謝不要
連絡先 samuraikarate@nexyzbb.ne.jp  
お問い合わせはメールでお願いいたします。勇善会空手厚木samuraikarate@nexyzbb.ne.jp

 厚木市を中心に国際的視野で活動する空手道場です。土曜の夜7時に練習場所(愛甲公民館、厚木高校武道場など)へ来られる人は誰でも参加できます。青少年の健全育成を目的とした地域貢献活動ですので入会金や月謝はいただいていません。(教育振興費として年度1500円のみ徴収させていただきます)また成人が生涯武道(剛柔流空手道、琉球古武道)を楽しむ社会体育の場としても、海外支部へ供与する空手教材を作成する場としても活動しています。館長 尾本

海外支部
インド支部/スリランカ支部 /スウェーデン支部/中国支部(瀋陽、上海)/カナダ支部(アルバータ、オンタリオ、ケベック)  /イラン支部 /
アメリカ支部(フロリダ、デトロイト) /パキスタン支部/チリ支部 /ニュージーランド支部/イギリス支部/インドネシア支部/ベネズエラ支部/イタリア支部/ルーマニア支部/スペイン支部/バングラデシュ支部/ネパール支部/ドイツ支部/オランダ支部/セルビア同好会 
ご案内 勇善会ニュース(ほぼ過去二年分を掲載)
武道の教育的効果  

 25年間、空手を指導してきて思うのは、空手の技が身につくとともに精神的なものも変わっていくことです。それは1年後にふと気づくような変化ですが、個人差はあれ、どのような子にも必ず見られる成長です。規律感ある武道の教育的効果は大きいと思います。様々な世代が一緒に稽古する道場は、子供の社会性を伸長させ、生きる力を育むうえで、学校では得られない効果を持っています。


  
 空手の組手は突きや蹴りを中心とするため慣れないうちはこわいものです。しかしそこに親や友人は入ってきて手助けしてくれません。一人で戦わなくてはならないことを通して身につけた闘魂は子供たちの人生の武器となるでしょう。




 体育という視点でみると、空手は左右や手足にかたよらない理想的な全身運動です。
「三戦(サンチン)」や「転掌(テンショウ)」という、身体を内面から練り上げる呼吸法を重視し、それがすべての型や技の基本となっているため、表面的な筋骨だけでなく内部から身体が強くなっていきます。
 



 

厚木勇善会では海外指導のためのカリキュラム、シラバス、マニュアル、教材を作製し、海外支部へ供与し、海外のニーズにこたえています。海外支部は20か国に達しています。



 そのためスポーツ競技ではなく、基本と型と分解と組手が一致した伝統的な空手を学ぶために遠くから来日する海外師範もいます。


 




海外から招聘(しょうへい)されることもあります。
スリランカ勇善会(平成26年8月)では、現地の子供たちのスピードとパワーとハングリー精神にたいへん驚きました。
 


スウェーデン勇善会(平成28年8月)では、北欧の人々が日本の武道に対して大変真剣な研究心を持っていることに驚くとともに、つねに世界の最先端をいく北欧の教育を受けた小中学生が、考え方でも、立ち振る舞いでも、とても大人であることに感心しました。




 







下はインドの、ある村の中学生への指導風景、下は厚木勇善会の稽古風景です。勇善会メソッドが、ここでも浸透しています。



 

 日本人というと、伝統的な武道をしているだろう、空手ができる人だといいなという期待は世界のどこへ行ってももたれます。空手の黒帯だというだけで歓迎され、尊敬され、ビジネスが進むということも珍しくありません。ある国では与野党の党首や大統領のご家族からの挨拶を受け、たいへん恐縮してしまいました。
空手を身につけることは日本人としての強みを身に付けることでもあります。勇善会はそうした子どもの未来を応援しています。

 






 空手は沖縄で生まれた武道です。沖縄武術の「手(て)」が「唐手(からて)」という名称で日本内地に伝わり、「空手」と字を変えて今日に至っています。左の写真は約90年前の沖縄の型、右は本会の同じ型の写真です。本会は沖縄と内地で共通する唯一の流派である剛柔流空手の道場です。


 空手女子が増えているのは世界的傾向です。保守的なイスラム世界でも女性空手家は現れはじめました。勇善会は、そういう世界の動きを応援しています。

2017/4/21
イラン勇善会の新しい広報ビデオを公開。47秒です。練習風景です。you tube


2019/4/9
ネパール勇善会の黒帯授与
 ラム・チャンドラ・シュベディ支部長による初段合格者三月合格者への黒帯授与



 ネパールには政治をめぐる内戦や少年兵問題があり、子どもたちも、平和な社会に生きる日本の子どもには想像もできないような危機にさらされています。力になれたらと思います。

2019/4/1 合宿について
伊勢原市内、相模原市内の他の道場との合同の合宿を6/24土~6/25日に相模原市ビレッジ若あゆで行います。(写真は昨年の様子)



2019/3/27型シソーチンの指導のアップ
海外からの要望に応えてシソーチンの指導風景をアップしました。日本語字幕も入れたので学習中の人は参考にしてください。(検索してもヒットしない限定公開です)

2017/3/20 イランは春分の日がお正月

 イランは昼と夜の長さが同じになる春分の日がお正月です。写真はイラン勇善会支部長のザファランロウ師範から来たお正月の家族写真。民族衣装がステキですね。

2017/3/20
3月18日に三学期審査会が実施され受審中16名が昇級昇段した。横平羽叶さん(小六)が長年の努力が結実し10人組手と所定の型に合格、初段に昇進した。また野村幸那さん(中一)が仮二段に昇進した。



2017/3/5
イラン勇善会チームがイラン国クエッタ州空手道大会で3位に入手しました。


2017/1/1
2016年8月に訪問したスウェーデンで見た小学6年生の女子の型の演武の動画が届きましたので紹介します。12才とは思えない迫力でアーナンクーという難しい型を演武しています。

2016/12/26
インド勇善会第二回大会(12/11)の写真が届きました。女子が多いですね。





2016/11/21  ベネズエラ勇善会を承認。

 南アメリカ大陸の国ベネズエラにあるヒロシマカイ道場をベネズエラ勇善会代表に認定し、ウィリアム・オーガナ・ホセ・リバス師範を支部長として承認しました。われわれと同様に子供が多いですが、かなり伝統的な稽古をしています。写真は昔ながらの「三戦」の稽古。こういう鍛錬は日本の道場ではあまり見られなくなってしまいました。


2016/10/23
、第20回少年少女空手道交流大会  相模原市立南大野小学校


入賞結果(本会から参加した選手のみ掲載)
[最優秀選手賞]
野村幸那
[期待賞]
高嶺柑奈(小3)、阿部眞羽(小2)、横平心結(小1・)、高嶺咲夏(小1)、玉城練都(小1)、鈴木ひかる(小1) 

[形優勝]
酒井陸翔(小4)
鈴木ひかる(小1)
※鈴木ひかるさんは組手も含め参加した3部門全てで優勝しました。


[形準優勝]
野村幸那(中学) 、岡村颯二郎(小5)、千々波侑太(小4)

[形3位]
横平羽叶(小6)、
山田大生(小5) 、上瀧暖大(小4)、
高嶺柑奈(小3)、
岩沢拓実(小2) 、千々波俊輔(小2)、
玉城練都(小1)、
高嶺咲夏(小1)
  
[タッチ組手優勝]








高嶺柑奈(小3)、千々波俊輔(小2)、高嶺咲夏(小1)、鈴木ひかる(小1)

[タッチ組手準優勝]
高嶺柑奈(小3)、岩沢拓実(小2)、
阿部眞羽(小2) 、玉城練都(小1)  






[中段組手優勝]
野村幸那(中学)、岡村颯二郎(小5)、山田大生(小5) 、千々波侑太(小4)










[中段組手準優勝]上瀧暖大(小4)

[自由組手優勝]
野村幸那(中学)、岡村颯二郎(小5)、山田大生(小5)  





[自由組手準優勝]
横平羽叶(小6)、千々波侑太(小4)







[自由組手3位]
上瀧暖大(小4) 、酒井陸翔(小4)
  
[敢闘賞]
横平心結(小1) 




中学生女子による杉板四方割り。空手の正しい姿勢と正確に拳や蹴りを板に当てるスキルが必要です。















指導者による組棒の模範演武














棒術は海外の道場ではポピュラーな空手武器ですが、沖縄を除く日本の道場ではあまり見かけません。外国人の方がうまいのが現実です。海外の空手家と交流する機会の多くなった現代、日本の道場においても必修科目と考えます。
海外むけフォトギャラリーにも掲載中

★    ★    ★    ★    ★
2016/8/16
尾本館長はスウェーデンからの招待で8/9から8/15まで訪問、8/10から8/14にかけてストックホルム近郊のセーデルテリヤで一日4~5時間、五日間の空手セミナーを行った。
Photo gallery (pcページが別のウィンドウで開きます)



2016/6/27 夏季合同合宿を実施しました。


合宿二日目 第三回夏季組手交流大会を実施


( 優勝 )
千々波俊輔(小2) 高嶺柑奈(小2)
岡村颯二郎(小4) 千々波侑大(小4)
山田大生(小5)  野村幸那(中学)
( 準優勝 )
高嶺咲夏(小1) 酒井陸翔(小4) 
( 3位 )
上瀧暖太(小5) 横平羽叶(小6)

2016/1/22
スリランカ勇善会の専用本部道場が完成し道場開きが2016年1月17日に行われました。たいへん素晴らしい道場です。南アジアの勇善会の最大の拠点です。

トップレベルの選手と先生方。道場開き当日の当日の写真はスマホページのトピックスや英語版ホームページのフォトギャラリーで特集しています。
道場名は剛柔流勇善会スリランカ道場です。


2016/1/19
勇善会イラン直轄道場の広報ビデオを公開しました。(クリックするとyoutubeが開きます)


2016/1/4
スリランカ勇善会のチャツラ・ヴィドゥランガ・マドゥシャ(勇善会二段)さんがスリランカ空手道連盟主催の全スリランカ空手道選手権大会の形の部でみごと優勝しました。なんと中学生です。一昨年の夏に彼女と会いましたが、体が大きく、手足が長くてスピード、バネ、パワーも圧倒的で、もの凄い女子がいるなぁと驚いたものでした。オリンピックも夢ではありません。

2015/12/24
2015年11/28・29に来日して研修した中国勇善会のユセプ師範からお礼のメールが来たので紹介します。

今回の日本への旅行は大発見の旅でした。私が今まで経験した空手はキックとパンチがほとんどでした。しかし剛柔流の空手はキックとパンチが全てではありません。もちろんキックやパンチは重要な役割を果たしますが、剛柔流五技とよばれる5つの技のカテゴリー全体が重要性を共有しています。そのことは素敵な驚きで、私の空手に対する見方を大きく変えました。残念なことはセーパイについて学んだ多くの分解を忘れそうなことです。
 私は厚木のあと沖縄へ行き、そこの剛柔流の道場でもトレーニングを受けましたが、そこの稽古のポイントと厚木の稽古のポイントは同じでした。私は帰国して、尾本先生からいただいた教材DVDを見ました。そして、その中に先生が教えてくれたセーパイの分解の教材を見つけ、私が学んだことが正確に記録されていることに気づきました。これらの教材を元に、私は、先生が与えてくれたレッスンを中国で再現することができます。
 私は、私の学生とそれに取り組みはじめることにします。先生は私の未来に対して新しい窓を開いてくれました。
 また古武道の教材をいただき私はさらに多くの材料を得ることができました。 しかし私の厚木訪問の最大の収穫は、そこで私が出会ったすてきな人々だと言えるでしょう。私と稽古や夕食を共にしてくれた指導者のみなさん、少年部のみなさんに本当に感謝しています。みなさんと出会えたことが本当にうれしいです。どうか、皆さんに宜しく伝えください。いま私がすべき最善のことは、先生の教えに基づいて練習することです。そして、先生から得たものを、できる限り多くの人々と共有することです。先生の親切とすばらしい教えに大変感謝しています

2015/12/23
イラン支部誕生。
支部長はハーム・ザファランロウ師範

ハーム師範は10代の頃から空手を学び、剛柔流四段。イランに5つの道場を持つ。イラン文部科学省教官。2007年にトルコで行われた世界キックボクシング選手権で優勝。多くの大会で各流派、フルコンタクト、キックボクシング、大道塾、WKF、古武道等と対戦して来たが、剛柔流の訓練によりそれらに勝ってきた経験から剛柔流空手が最も優れているという見解に達し、そのスキルを完成するため勇善会に加盟した。

師範の妹(ヤサマン・ザフファランロウさん)も空手の指導者。
イスラム世界の女性の間でも空手は人気があるのですが、数としてはまだまだです。勇善会はイスラム地域における女性空手家の増大に貢献したいと考えています。

2015/12/24
スリランカ勇善会が12月13日に行われた西スリランカ大会で支部長以下5名の生徒が金メダルをとりました。

2015/9/27 
バングラデシュ勇善会が誕生しました
 ルビアナ・アーム師範は勇善会初の女性支部長。8歳から空手を学び剛柔流三段。空手は男のものという意識の根強いバングラデシュにおける女性空手家の草分けです。それを支えているのは女性の自己防衛が必要なバングラデシュの社会状況に対する強い課題意識です。国際大会での優勝歴も持ちます。

教育の場としての空手道場

①強い子をより強くするよりも、弱い子を強く
 
  
長年の指導の経験と反省から根性主義の指導はしていません。武道としての礼儀や規律を大切にしますが、道場に来るのが楽しいと感じるような仲間意識や明るさを重視しています。
 子供の心や身体は同じ年齢でも発達段階が多様なので勉強と同様、個に応じた指導が必要です。最初から頑強な子をさらに強くするよりも、そうではない子を強くしていくことを重視しています。大人も、年齢や仕事、キャリアに違いが大きいため同様です。

②誰にも公平に空手を学ぶ場を
 海外で空手が人気なのは日本文化へのあこがれや理想的な全身運動ということもありますが、空手がお金のかからないスポーツだということが大きいです。特に途上国ではそうです。空手着でさえ空手の必要条件ではありません。どんな服装でも支障はありません。空手は世界中で最も公平に開かれているスポーツだと言えます。
 勇善会は空手を学ぶ機会が経済的事情によって妨げられてはいけないという考え方で国際貢献を志向しています。これは国内についても同じです。
 ただ、国内道場では空手着は着用していただいています。(提携業者から道場卸価格(5,000円位)で購入できます)また安全のため手と足を守るサポータを早い段階から必要とします。自由組手を練習する段階になると、自分も相手もケガしないように子供は安全具(面・胴)が必要となります。)


大会中心主義ではありません
 空手は複雑な歴史的いきさつから、流派、会派、連盟がたくさんあり、そのためか、なにかにつけてお金がかかりすぎる感があります。集金体質、貢献度(上納金)体質のような違和感すら覚える場面も少なくありません。でも、それらは空手の本質とは全く関係ありません。
 
ルールもいろいろで、交流大会を行うと会派や道場の思惑や先入観、さらには政治的決着のような結果も見うけられます。そのような状況下で、勝つことに執着すると普段の練習もそれ用の練習しかしなくなり、基礎基本や型をおろそかにして、結局空手の本質を見失います。これは特に子供にはいましめなくてはなりません。
 勇善会は学校教育のアクティブラーニングやカリキュラム開発の手法を取り入れながら正確に基本・型・技・組手を獲得させることを最優先と考えています。普段の地道な練習が第一で、外へ出る交流大会等は春(合宿時)と秋の年2回だけです。


④黒帯(初段)までの期間
 
黒帯とは初段で取得できます。一段ではなく初段というのは、ここからが本当の武道の世界の入口だということです。もちろん初心者にはひとつの大きな目標です。年齢、体格、性格によっても早い遅いの違いがありますが、一番のカギは本人の意欲です。ピアノのお稽古と同じで自宅でどのくらい練習してくるかに左右されます。これまでの例だと3年~6年くらいです。黒帯をしめた時に、根気強い性格と長年続けた達成感も同時に手にいれることでしょう。

⑤年長くらいからできます
幼稚園や保育園で集団生活を経験していることが目安です。経験的には年長(小学校入学1年前)くらいになれば大丈夫ですが、個人差がありますので体験をしていただいて判断していただくことになります。







大人の生涯学習武道として
 社会人の稽古は、健康を増進し生涯武道として空手を楽しむことを目的としています。怪我をしたり、仕事や家庭生活に支障を生じるような負担は避けなくてはなりません。空手の動きに体がなじんだ時、これまでと違う心身の状態に気がつくでしょう。

 大人の部は伝統的な基本、型、分解組手を中心に剛柔流空手本来の戦闘方法の理解、つまり剛柔流五技の体系的練習(打拳・投げ・関節・固め・締め)を行っています。茶帯くらいから空手武器術(琉球古武道)も稽古し伝統武道としての継承に努めます。また、海外のための教材作成にも協力していただいています。(現在、大人の部は人数増加のため一時募集停止しています。ご相談ください)





































空手の伝統の重要な一分野に琉球古武道があります。勇善会は「唐手」時代からの空手武器(琉球古武術)として六尺棒、サイ、トンファー、二丁鎌、ヌンチャク等の技を伝承します。
これらは手足の延長として空手と同じ原理で操作しますが、素手では得られない効果を持っています。


上はヌンティ(貫手)。下はサイ(釵)。敵の棒をからめとる技に特徴を持ちます。








 二丁鎌(鎌の手)。敵の攻撃を受け切ると同時に鎌で敵の両肩を斬り下げ、瞬時に鎌を振り上げ敵の両腕を切断する型の一場面。鎌は戦闘用の鍛造両刃のもので、油断は大怪我につながります。もちろんこれらの練習は大人の有段者のみの話です。  


トンファー。石臼の取っ手から進化した武器。振り打ちに大きい威力を発揮します。砂や泥を敵の眼にあびせる技などもあります。操作のコツは力まないこと。脱力して柔軟に武器を操作し打撃や受けの瞬間に力を込めます。

六尺棒。空手の代表的な武器です。180cmの樫の木で作成されます。空手の突きと同様つるにねじる力とともに操作されます。



























琉球棒術の型による組棒稽古。棒の特性を生かした独特の関節技、投げ技、流し技を分解して組棒として会得しないと、ただの棒踊りになってしまいます。
家庭学習のための教材ビデオ 
道場で教わった型、これからの教わる型を家庭で自習するために
初心者 白帯~紫帯コース

1 補助運動 前半 14分

2 補助運動 後半 5分

3 撃砕初段(げきさいしょだん) 4分

4 撃砕二段(げきさいにだん)4分


中級者 緑帯コース

5 サイファ 3分

6 セイエンチン 6分
※再生1万回突破

7 セーパイ 3分

上級者 茶帯~初段コース

8 サンセール 5分

9 シソーチン 5分

10シソーチンの指導 6分

11 セーサン 7分

12 三戦(サンチン) 2分

13 転掌(てんしょう)2分


14 周氏の棍 初段 5分

その他の参考動画

1 勇善会紹介動画1 5分

2
 勇善会紹介動画2 4分

3 型サイファの使用法 2分

4 勇善会の稽古風景 3分

5  もうひとつのセーパイ(古伝) 7分

6 館長の見たスリランカ 短縮5分版



7 館長の見たスリランカ 13分

8 インド勇善会紹介 4分

9 激しいインド勇善会 2分



10 イラン勇善会紹介 1分

その他、上級者用動画

3 撃砕三段 釵(サイ)の型 4分

4 撃砕四段 トンファーの型 3分

5 撃砕五段 鎌の型 5分

6 周氏の棍 二段 5分
    
 ページのトップに戻る returns at the page top 
samuraikarate@nexyzbb.ne.jp.
19motoomosoraoot81@gmail.com